FC2ブログ
07
2020

「居場所」について









あけましておめでとうございます。


遅い挨拶、すみません。



新年になり一週間もたてば日常が始まって
もう誰もめでたいなあ。だなんて
思っていないと思いますが、



でも一応、おめでとうと言わせてください。





また1年、頑張りましょうね。




アエットも営業中ならば
4日からオープンしていただろうなあと思いながらも

元旦以外はずっと工事でした。




お父ちゃん、10日間本当におつかれさま。








工事もだいぶん進み、
インスタのストーリーズにはよく経過を載せていますが、

近日中に、また改めてこちらで紹介します。
楽しみにお待ちください。






今日したいお話があります。




IMG_6gfdhg626.jpg
シンクのワンマンライブになっています。
シンクから伝わるこの優越感をご覧ください。



それは置いておいて。

小さな厨房の図。








「共感」、「居場所」。



コンセプトの1つとして「居場所」という言葉を使っています。

前に「共感」についてブログ書きました。



次は「居場所」です。
アエットに小さな喫茶ができます。





「居場所」というのは、喫茶のことです。
喫茶への想いも結構深くて、
なんだか簡単には語れそうにないですが、
語り始めると、これまたどえらい長文になりそうです。

どえらくならないように頑張ります。







IMG_65dfgdf89.jpg
ずんぎりで棚を作る、父の図。






居場所って、「居られる場所」。


お店に滞在して、
今まで以上に余韻を持って帰っていただきたい想い。


「余韻」という最高の感情が、わたしはとにかく大好きで。



自分の中にたくさんの理由が必ずあるはずなんですね。

楽しさ、刺激、安心感、、人それぞれ、いろいろですが。






今までもブログに書いたことあると思いますが、
過ごす時間によって、余韻って作られますね。


ただの作業になってしまったり、
無心だと余韻なんて生まれません。

それだと、「お店」である意味ってなんだろう。と。
自分がここで1人でやる意味ってなんだろう。と。




心が満たされるからこそ余韻になります。

そこにいる時間だけじゃなくて、
店を出てから、家に帰ってから、
そこで発揮してくれるのが、余韻。


なぜか心が離れない、あの感じ。
ほんと、幸せな感情です。


家に帰ってからも幸せな感情でいられるためには
やっぱり、もっとここで一緒に笑顔になれること、
これしかないなと私は思います。


そして、そんな幸せがあるからこそ、
またここで出会える。


アエット5周年アニバーサリーのタイトルにもあった、
「また、ここであいましょう」

この言葉を、ちゃんと気持ちをこめて、言いたい。





1つでも2つでも、
うちに居ることで気持ちが膨らんでほしいな、と思います。





なので、カフェとは言いたくなくて。

「アエットにある公園が見える喫茶のお席」これがしっくり。

事実を並べただけですね。







わたしが、喫茶を通して伝えたいこと.もたくさんあります。






hgfcvj.jpg
昔からブログを読んでくださってる方は
知ってる方もいるかもしれませんが、

わたしはお店を始めて3年目のときに体調をすごく壊しました。



自力で疲れを取ることもできず
自力で体を起こすことも、
自力で眠ることもできなくなりました。



それでも、お店をとにかく休みたくなかったので、
いろんな病院に行って検査をしつつも原因不明と言われるばかり。


リハビリに通ったり、
一応何かしらの薬は渡されても1つも解決せず、

結局症状すべてにあてはまったのが自律神経失調症でした。



2017年になってすぐに駆け込んだ心療内科に約2年弱お世話になり
朝は体を起こす強い抗うつ剤を、
夜は眠らせれる薬を飲んで
ひどいときはさらに睡眠薬を追加して。


あとは漢方を飲みながら、お店に立つ日々でした。


ストレスをためてたのか無理をしていたのか。
「抜く」ことをしなかった私は常にON状態。
自分でOFFにする機能を殺してしまっていたのですね。


病院はとにかく「診断と薬」でした。
そのときの自分にとってはありがたかったです。

でも、薬によって生かされたけど、
薬がないと生きられない弱い弱い体になりました。


完全に依存症です。
薬を飲み忘れた時は体から薬が抜けていくと同時に
パニックを起こして店で息が吸えなくなって
目眩で立っていられなくなったこともあります。


1年半以上飲んでた薬なので、
薬があって、ようやく普通の自分になれている状態。

薬をやめるためには、自分で強くなるしかありませんでしたね。


自分の体と向き合いながらたどり着いたのは

とにかく血をちゃんと流すこと。
それも、良い血を。ちゃんとした血を。


血流を整えるために、
こつこつと毎日、体質の改善を行い続けました。




血は主に食べ物から作られますね。
食べたものが血となって
全身をめぐるわけです。

毒を食べると、毒が全身にまわるわけですね。




わたしの場合、
体がこうなってしまうと、体が拒否をするのか、
不思議と体に悪いものの味が何となーくわかるようになり、

そして1番弱ってたときは、添加物でお腹を下すようにもなったので、
なおさらに体に悪いものに敏感な体になりました。



人への誘い文句でした。
ふふふ、わたしとご飯に行けば体に悪いものがわかるよ。と。

喜んでついてくる人はいませんでしたね。
もれなく横の人が腹痛になるわけです。






食べ物や飲み物に気を付けながら、
そしてとにかく中からも外からも
体をあたためてほぐすことを意識して生活をし続け、

その小さな積み重ねで、
わたしの体はみるみる元気になっていきました。






そんな経験から、
私が提供するものは、体に優しいものを基本として


心は休まる、体は元気になるような、
はあ。と幸せな溜息がつけるような。

そんなものを提供したいと思っています。



とにかく温めたい。癒したい。
体の毒を抜きたい。
美味しいという幸せな感情とともに。

疲れた方に、特に利用していただきたいですね。











hjfhj.jpg
全部、自分で考えたメニューです。

このおやすみの期間、ずっと自分なりに研究を続けてきました。



メインのコーヒーは焙煎からうちで行って、新鮮なものを提供します。
本来のコーヒーの健康的な実力がしっかりと入ったものを。

そのほかのメニューも、想いがたくさん。
常に「ここにしかないもの」を考えています。




飲食のプロなんて、たくさんたくさんいるから。

人気店もたくさん。わたしも個人的に好きなお店はたくさん。

そんな中、わたしが伝えたいのは、
シンプルの良さ、シンプルの美味しさ。

やり過ぎません。欲張りません。
需要を考えるとキリがありません。

媚びを売らず、自分がこれはと思えるものしか出しません。

伝わる方に伝わればいいなと思っています。
だって、こんなにたくさんの飲食店があるんですから。
自分に合うお店を選んだらいいだけです。
何度もお話してきた「共感」がすべてなので。





そんな中で、ゆっくりと選んでいただけた居場所になるならば、
必ず続けてアエットに行きたくなるように、
大切な居場所となるように、

わたしはとにかく尽力します。




わたしなりの愛情に触れていただけたら嬉しいです。
そして、もっともっと利用してくださるみなさんと、お話もできたら嬉しいです。



物販だけでは成り得なかったことたち。
新たな挑戦です。頑張らせてください。




今回は喫茶についてだけ書いたので
喫茶のウエイトが高くなるんじゃないかと思われるかもしれませんが、

そうじゃないです。

喫茶について詳しく今回の記事を書いただけですね。





物販もワークショップも、すべて、です。

全部でアエットです。




どうかどうか、お楽しみに。









小さな小さな喫茶は、アエット入ってすぐです。
大きな窓とともに、公園の目の前で。


2人がけテーブル2つとカウンター席3つ、

物販スペースを繋ぐカウンターは、立ち席。







jhgkjlijk.jpg
父ちゃん力作のカウンター。


カウンターにお飲み物を置いて、
商品見ながら飲んでもいいです。

カカト上げストレッチが好きな人は、
コーヒー飲みながらストレッチやったらいいです。うそです。

でも1日60回やると、
骨がしっかりして、たるみにいいんですよ。







そんな感じです。



店内が片付いて、ちょっと飾ることができたら
また写真載せさせてくださいね。









今月のレザークラフトは
1月21日、22日です。

オープン一週間前をきっておりますので、


いつもお出ししている休憩のお飲み物を
わたしの練習もかねて、
喫茶のメニューからお選びいただいて
飲んでいただこうと思います。


最大6名様分、一気に作るので
いい練習になりそうです。うん。






1月のレザーも
よろしくお願いします。


恐らくわたしも横で、参加しますので
一緒に作りましょう。









↓ご一読ください。

大切なお知らせ

リニューアルについてのお話、「共感」について。

営業最終日 5周年アニバーサリー








■レザークラフト教室


imagegfdgfdsg.jpg

dfgfds.jpg

アイテムメニューから、お好きなアイテムと、
お好きな革、お好きなカラーをお選びいただけます。

縫うステッチのカラーは当日に
4色からお選びいただけます。


詳しいメニューはこちらからどうぞ
https://potager-et-fabriquer-class.jimdo.com/



①日にち 
1月25日(土) 13時4席空 17時4席空
1月26日(日) 13時5席空 17時6席空


②時間
13:00~
17:00~

③アイテム名

④革の種類、色

①~④をお伝えください。




■〆切は開催の一週間前になります


※定員になり次第、締め切らせていただきます。 
 
※ご不明点につきましても、お電話またはメールにてお問い合わせくださいませ。



電話 080-3896-0153
メール im33don@yahoo.co.jp

※電話の際は、個人携帯ですので
  「アエットです」とは出れなくて申し訳ないのですが、
 間違いなくかけていただければ、アエットです。

※個人携帯でやっておりますので、お電話の際は営業時間内でお願いします。
OPEN 13:00-20:00
CLOSE 木曜日、第3水曜日






*******************************************


ホームページ
zakka shop aet.

Facebook
Instagram



スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment