FC2ブログ
20
2020

キッチンまわりやら。









よく行くご飯屋さんの大将に、
「来週よねえ」って言われて、



いやいやまだよー

ん?



ってなりました。




今日は月曜日だから、
来週らしいです、オープンの日って。


信じられないです。





営業再開したい気は満々ですし
はやくみなさんにも会いたいです。

だけど、よいよ気持ちがワタワタですね。


いくら何を準備しても
気持ちだけはワタワタだな、こりゃ。





4か月弱のお休みといえど、
ひたすらにこのたびのオープンに向かう日々だったので

アエットのことを完全にOFFにした日なんて
1日もありませんでしたね。


貴重な4か月、いい経験になりました。









IMG_705xdfds9.jpg
こちらは新しいショップカードです。


5年前も自分でデザインしましたが
今回もセルフでやってもうたです。




5年前のカードは
大久野島で撮影した壁の写真を
モノクロにしたデザインでした。




今回は、とにかくシンプルに。

手描きで書いた字と▲。
▲はなんかそのときの気分で

パイーンて上に飛ばしました。


自分の中にどんな意図があるのかも
全然わかりませんが、パイーン。です。








次からアエットの営業日は
13時~21時(ラストオーダー)です。

21時の時点で誰もいませんでしたら、帰ります。笑



21時までに滑り込んでいただいたら
閉店時間は特に決めていません。

そんな感じでゆるく始めたいと思います。



まずはそれで、やってみます。














IMG_7426.jpg
小さな厨房。


無事に保健所さんやら消防さんやらの
営業許可が下りました。

ありがたやありがたや。
お父ちゃんと一緒に、気をもんでおりましたが、

よかったです。






これからこちらの厨房も
モノであふれることになると思いますが

今でさえ、いろいろと置いていたモノを
中に入れ、端に寄せ、隠して隠して、

一生懸命に綺麗に撮影した1枚です。

息止めてます。


息を吸ったら
多分すぐ横にある掃除機が写りますね。




あと、なにか絵になるものを。と思い
苦し紛れに置いたコーヒーミル。




手前のカウンターは
商品見ながら飲み物飲みたいときに
置いてくださいのやつです。















IMG_7429.jpg
入口側から見たら、こんな感じ。

こっちは3席あります。



前の外壁だった木の板と、
窓が入っていた枠の形が、そのままです。


壁の解体中に、
窓をとるところまで解体したところで
自分がここに立つイメージが湧きすぎて、

あああああああお父ちゃんここにこうして
カウンターをこうしてこうしたい!


ってお父ちゃん叶えてくれました。







この場所は前はあそこだった場所かあ。

って感じてくれたら嬉しいですね。










IMG_7442.jpg
なんとなくアップにしたのは
木梨憲武さんのポストカードです。


ってそれを見せたかったわけではなく、

5年前に赤やピンクを下に仕込んで
一生懸命に塗装した
このペンキの感じも、そのままに。













IMG_7437.jpg
公園側には
2つテーブルを置いているのですが

そのうちの1つのテーブルを少し解体したときに
出てきた鉄板。





うわあ。これは飾りたい。

わたしには
アートにしか見えませんでした。







「お父ちゃん、
これをあそこの喫茶のところの壁に飾りたい」

ってお願いしたら、



「入院患者が出るで」って答えてくれました。



鉄板が重たすぎて

取り付けた壁は崩れ落ち、
落ちる鉄板は凶器ですね。




他にもやることだらけだし
そんなことに時間使っている暇もないし
ほぼあきらめていたけど、

結局お父ちゃんやってくれました。



ずん切りや銅管で
上から吊ってくれました。

これなら入院患者はきっと出ません。




ああもう、嬉しくてしょうがなかったです。


ただの鉄板ですが。














IMG_7443.jpg
次はお洋服の販売もあるので
試着室がいりますので、
簡易的ではありますが、トイレの前に作ります。


ってことで、
アルミのアングルを曲げてレールを取り付けて。

お父ちゃんの神業。





既製品のように見えるけど
これを半日でこうして作ってしまうのが

本当にすごい。










あとは、
おもてのテントの色を変えて。

細かいところを仕上げていって。



ひたすらにひたすらに、
みなさんをお迎えできる状態へとしていきます。





解体で本当に大変な状態だった10~11月。

リフォームに取り掛かるも
1つ1つの手間がかかりすぎて
だけど1つ1つ丁寧に進めていった11月~現在。




やっとここまで来たね。
やっとやっと、お店らしくなったね。


って。






最初も言いましたが、
オープンは来週だそうです。


他人事のように言います。






オープン一週間前はレザークラフトです。

オープン前ギリギリ前のこんなときに
来てくださるみなさん、ありがたい限りです。


もうご予約締め切らせていただきますね。


緊急があれば、ご連絡ください。











↓ご一読ください。

大切なお知らせ

リニューアルについてのお話、「共感」について。

営業最終日 5周年アニバーサリー

「居場所」について

「たからもの」と陶芸教室について




■レザークラフト教室


imagegfdgfdsg.jpg

dfgfds.jpg

アイテムメニューから、お好きなアイテムと、
お好きな革、お好きなカラーをお選びいただけます。

縫うステッチのカラーは当日に
4色からお選びいただけます。


詳しいメニューはこちらからどうぞ
https://potager-et-fabriquer-class.jimdo.com/



①日にち 
1月25日(土) 13時3席空 17時4席空
1月26日(日) 13時4席空 17時6席空


②時間
13:00~
17:00~

③アイテム名

④革の種類、色

①~④をお伝えください。


■〆切は開催の一週間前になります。

※定員になり次第、締め切らせていただきます。 




*******************************************



■陶芸教室


IMG_7368.jpg


2月9日(日)

①13時 2席空
②15時 1席空

3500円税込
要予約(2日前〆切)


作れるアイテムは
カップ、小鉢、飯碗、ケーキ皿などの、「小さな器」。
自分の好きなアイテムを作れます。


手びねりで作るので、
自然な歪みが唯一無二の素敵な味となります。


月替わりで使う釉薬が決まっています。
(色や風合いを決める薬のことです)


うちで行うのは形成までです。
先生が持ち帰って焼いて仕上げますので
お渡しは約1か月後、次回の教室の日以降です。


釉薬は濃淡の差、味の違いがどうしても出ますので
サンプルと全く同じものにはならないことをご了承ください。




2月は、こちらの青い釉薬です。
①か②のお時間をお選びいただきご予約ください。

削ぎのデザインについては
入れても入れなくてもOKです。
制作の際に先生にご相談ください。



*******************************************




電話 080-3896-0153
メール im33don@yahoo.co.jp


個人携帯でやっておりますので、お電話の際は営業時間内でお願いします。
OPEN 13:00-21:00(ラストオーダー)
CLOSE 木曜日、第3水曜日






*******************************************



Facebook
Instagram


スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment